津田沼

稲毛 幕張

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 津田沼
    • スナック 津田沼駅徒歩4分

    エミール
    Club Emile

    千葉のJR津田沼駅にあるクラブ、エミール。落ち着いた雰囲気で、黒い大きなソファが印象的なお店です。上品かつ大人な時間を過ごせます。20代から40…

    • スナック


    愛とうた茶屋

    • スナック


    スナック紅葉

    • スナック

    エレガンス
    エレガンス

    • スナック


    あぼかど

    • スナック


    こだま

    • スナック

    ケイ
    ケイ

    • スナック

    クレア
    クレア

    • スナック


    カラオケスナック海

    • スナック

    イポポタム
    イポポタム

【津田沼/稲毛/幕張エリア】


千葉県習志野市の津田沼はかつて市内にある町の名前でしたが、現在は地区の名前になっています。習志野市は東京湾に面するベイエリアから内陸部まで広範囲な地域をカバーしていますが、津田沼は市の中央部にあります。津田沼には、新京成線の新津田沼駅、京成本線の京成津田沼駅、そして総武本線の津田沼駅と、「津田沼」と名のつく駅が3つあります。いずれの駅の周辺も住宅街が広がっていますが、新津田沼の駅前には大型ショッピングモールがあり、付近の住民の方が頻繁に訪れています。

総武本線津田沼駅から2駅となりに位置するのが、幕張駅です。幕張は大規模なイベントホールや野球スタジアムが有名なエリアです。定期的にさまざまなイベントが行われているため、千葉県外から訪れる方も数多くいます。幕張という町は千葉市に属しており、小中学校などの教育機関が充実しているため、子育て世代から人気を集めています。

幕張と同じく千葉市に存在しているのが稲毛です。稲毛駅からは市の中心部である千葉駅まですぐに行けるため、千葉市内でも幅広い世代の方が住みたいと考えるエリアです。津田沼、幕張、稲毛のキャバクラ店に通う客層は、駅周辺に住むビジネスマンが大半を占めます。

【キャバクラ選びのポイントについて】

津田沼/稲毛/幕張エリアのキャバクラを選ぶときのポイントは、まず嬢の人数を確認することです。せっかく遊びに行ったのに全然女の子がいない、友人と一緒なのに女の子が一人しか付いてくれないなどとなってしまうと、なかなか実りある時間を過ごすことができません。在籍人数が多いというのはもちろん、その日に出勤している人数が多いかもチェックしておきましょう。

料金が明確かどうかもチェックしておく必要があります。昨今初めにいわれた料金に少し上乗せされて請求されるような事案が多数発生しているため、サービス料はどの程度かかるのか、ドリンク代はいくらか、などを事前に確認しておくことも時には必要でしょう。ウェブサイトを見てみるのもおすすめです。お店のスタッフや嬢による写真付きブログの更新が頻繁にあるようなサイトだと、嬢が活発に動いていることがわかるだけでなく、宣材写真よりも素の女の子の姿が確認できてより雰囲気を知りやすくなります。

【キャバクラの「初回割引」について】

津田沼/稲毛/幕張エリアにあるキャバクラ店の中には、初めてそのお店を利用するとき限定の初回割引がある店舗も存在しています。その多くは公式サイトやキャバクラポータルサイトを見たことを告げることで使用することができ、それぞれサイトによって掲載されているお店やクーポンが異なることも珍しくありません。中にはクーポン画面を見せる必要がある場合もあるため、事前に確認しておくと安心でしょう。また、初回利用時以外にもフリー入店のみ使用できるお店や、混雑時には使用不可としているお店など条件を追加している場合もあるため注意が必要です。

【キャバクラの「営業時間」について】

津田沼/稲毛/幕張エリアのキャバクラの営業時間は朝キャバや昼キャバを行っている場合などお店によって多少異なりますが、基本的には20時前後から深夜0時位までが多くなっています。これは風営法によって定められているためで、深夜0時を過ぎてから営業を行っていると違法営業となってしまいます。しかし中には都道府県の条例によって深夜1時まで営業が可能な営業時間延長地域などもあるため、多少閉店時間が異なる場合もあるでしょう。営業が禁止されている時間である深夜というのは、午前0時から午前6時となっているため、6時から営業している朝キャバなどは特に問題ありません。ちなみに同じくお酒を飲めるスナックやガールズバーなどは24時間営業が可能ですが、こちらはお酌やカラオケなど接待行為をしないお店であるため許可されているという背景があります。お店のためにも営業時間を過ぎても入り浸らないよう、しっかりと時間を守って遊ぶことが大切です。